本文の開始

瘀けつ(お血)について

血液が、体に害を及ぼすように滞ったり、ドロドロ・ネバネバして固まりやすくなっている状態を、東洋医学では 「瘀けつ」と呼んでいます。

HOME >> 瘀けつ(お血)について
  • お血(お血)とは?
  • お血(お血)と漢方
  • お血(お血)の治療法

お血 (おけつ)とは?

 血液は、全身に栄養分を届け、全身の老廃物を回収しています。
私達の心や体の健康は、きれいでサラサラした血液が、いきいきと全身を流れていることによって保たれています。

万病のもとであり結果である「お血」って何?

お血(お血)によって、体内の血の巡りが悪くなった状態

 「お血」を簡単に言うと、体内の血のめぐりが悪くなった状態のことをいいます。
 きれいでサラサラした血液が全身をくまなく流れているのが理想的な状態ですが、何らかの理由によって血液が汚れたり、ドロドロになって固まりやすくなったりすることがあって、こうした血液が滞っている状態のことを「お血」と呼んでいます。

一般的に年齢とともに「お血」はひどくなり、体質によっては、「お血」になりやすい人、なりにくい人がいます。
ですが最近、「お血」が原因で不調を訴える方が増えているようです。

「お血」を放っておくとどうなるか知ってますか?
血液の流れが悪くなるので体の隅々まで酸素や栄養が行き届かなくなり、各所の働きが低下してさまざまな不調が現れてきます。

体のバランスが崩れ、思考力が低下し、肌はツヤがなくなり、シミやアザができたりします。また筋肉がこわばり、肩こりや腰痛、体のあちこちに痛みが現れることもあります。
さらにひどくなると、皆さんもご存知のように血管がつまって狭心症や脳梗塞になってしまうこともありますす。

お血(お血)の 部所

 「お血」は、全身のあらゆる病気に関連していると考えられています。
「お血」は、病気の原因でもあるけれど結果でもあるということ。
「お血」は、体の具合が悪くなったサインでもあり、さらにその「お血」が新たな病気をもたらします。
「お血」には、生活習慣や環境などさまざまな要因が関係していますので、単純な対処療法ではなく、毎日の生活を基本とした根気強い治療が必要です。

 西洋医学には「お血」という考え方がないので、「お血」に対する有効な手段がありません。
「お血」を改善するには、東洋医学の手法を毎日の生活に上手に取り入れていくことが大切なのです。


リンパの発達した部分にお血は、出やすい。

リンパの発達した部分にお血は、出やすい。 お血と部位 代表的な症状と徴候 治 療
@  
A 便秘 漢方:桃核承気湯
血の道症(月経異常) 漢方:大黄庶虫丸
B 頸部 頸部が赤い 頭皮洗浄
咽頭閉塞感  
めまい・ふらつき・頭痛・肩こり  
C 股部 刺痛 漢方:乳香没薬血竭
D 膝部 膝が腫れる  
細絡  
E 上肢 刺痛 漢方:乳香没薬血竭
全体   喀血化瘀

お血(おけつ)の分類

お血(おけつ)は、下記「性質」と「原因」に大きく分類されます。
環境の変化(外側)や感情のストレスなどによってお血になることもあります。

性質

1.虚/実 :日本人のほとんどが虚。

2.熱/寒 :お血偏熱、お血偏寒。

3.部 位 :肝、心、脾、肺、腎、+脳絡、+経絡。

原因

1.環 境 :六因(風・寒・暑・湿・燥・火)。

2.感 情 :七情(怒・喜・思・悲・恐・うつ・りょう)。

3.食 事 :過多・過少、偏食、添加物の過剰摂取。

4.外 傷 :ケガ。

5.年 齢 :加齢。

6.労 働 :過重労働。


最近「お血」が多いのは環境の変化のせい?

 健美工房では、東洋医学を取り入れた「お血」の改善に長い間取り組んでまいりましたが、最近では、同じ症状で以前は十分効いていた同じ処方をしても、なかなか改善されない方が増えてきました。
それに「お血」の人も以前より確実に増えています。

家の中には、電化製品でいっぱいで電波が飛び交っています。

「お血」は体質や体内環境を改善することで良くなるので、同じ処方が効かないということは、体質や体内環境が変わってきたということです。
そして体質や体内環境には、人間の体を取り巻く環境が大きく影響しているのです。
最近になって注目を集めるようになったメタボや生活習慣病も、花粉症などのアレルギー症状も、生活様式の変化や外部環境の変化が原因で起こっている病気。
現代病の7割は、生活環境に問題があるとも言われいます。

 「お血」が増えている原因はいくつか考えられるけど、そのひとつに電磁波があるんじゃないかなとDesetママは思ってます。
一日中パソコンの前で仕事をする人もいるし、そうでなくても家の中には電化製品がいっぱい。
外を歩けばテレビやラジオ、携帯電話などさまざまな電波が飛び交っています。世の中に電磁波が増えてきた時期と、「お血」の患者さんが増えてきた時期も重なります。

 もうひとつの要素は化学物質や環境ホルモン。
環境ホルモンは化学物質の一種で、生物のホルモンの働きを狂わせてしまう物質です。
添加物として食品に含まれていたり、建物の材料などに使われていることもあります。
もともと「お血」は体内外の環境が変わるときになりやすいもの。
その代表例が更年期障害で、東洋医学で体内環境を整えていくだけでなく、外からの影響も最小限に抑えていく必要があります。
そのためにも身の回りの環境変化を正しく理解し、適した方法で対処していくことが大切なのです。  

天人相応⇒天地人相関学説 (天地人相関図)

天地人相関図

お血(おけつ)と漢方

漢方薬(歴史)

黄帝内経

紀元前200〜400年頃に出来上がり作者不詳で、伝承にて受け継がれてきました。
これを元に、さまざまな文献がつくられ「悪血」として出ています。

傷寒論 (張 機)

ツムラ漢方などのエキス剤がありますが、半分は傷寒論に基づいており、 高等のため漢方薬の導入としては難しく又、病気の時期を6つに分ける考え方があり、その中に蓄血、干血と云う字が出てきます。

温熱論
清の時代、葉桂。
それまでは寒の邪が治療の対象でしたが、温熱の邪の病気を明らかにしました。
  • 温病
    温熱の邪が、人に入って起こりゆっくり進む病。
    進展の速度が違います。
    熱邪が営血に入ると血が乾燥してしまう → おけつの始まりです。
  • 葉桂
    虫をたくさん利用し、おけつに効きます。
    例)セミの抜け殻(センタイ)
医林改錯 (王清任)

十数個の漢方方剤をつくり、血府逐瘀湯(けっぷちくおとう) などがあります。

血症論(唐容川)

血の病気について、最も詳しく論じている文献のひとつです。